FC2ブログ

あかつきの村 交流会

ファーブラ
07 /28 2010
先日あかつきの村で交流会が行われました。

あかつきの村はベトナムの方がたくさん住んでいるグループホームです。

昨年からファーブラとの交流会が始まりました。


今回は参加者も多く、全部で30人くらい。

そして準備、運営をほとんど実行委員の人で行いました。

食べ物は「流しそうめん」「ベトナム春巻き」「お寿司」など多国籍です。

途中ビンゴゲームをしたり、かき氷大会をしたり盛りだくさんの内容でした。


ファーブラのメンバーは本当に力がつきました。

お互いが助け合って苦労に向き合っていく文化が定着してきたようですね。

そうめん2

そうめん1

勉強会

ファーブラ
07 /20 2010
今日の勉強会は、先日北海道の「べてるの家」で行われたイベントに参加したメンバーKさんによる報告会でした。

べてるでは、Kさんは600人の聴衆を前に、自己研究の発表を見事に成し遂げてきました。

出発前は相当緊張して、たくさんの「お客さん」を引き連れて行ったみたいでしたが、

Kさんの『大変だけど、面白い』という言葉に、すべての思いが集約されているように感じました。

<IMG_benn.jpg

流しそうめん大会

ファーブラ
07 /20 2010
流しそうめん ついに実行です!!

メンバーさんみんなで、竹採取、組み立て、調理、すべてを行いました。

出来栄えは思った以上に良く、

見て楽しい、食べて美味しい、イベントになりました。

IMG_nagashi.jpg

べてる式当事者研究

ファーブラ
07 /17 2010
先日の当事者研究です。

向谷地さんに来ていただくのもはや5回目。

ファーブラでも当事者研究が盛んになってきました。


午前中はひだクリニックのメンバーさんの発表。

今回のテーマは「サトラレ」です。

「サトラレ」とは自分の考えていることが、周りの人に伝わってしまうことです。

人間は良いことばかり考えているわけではありません。

時には周りの人に対する嫌悪感があったり、人には知られたくないことを考えたり…

「サトラレ」がありながら日々の生活を送るのは本当に大変です。


でも「サトラレ」は自分が淋しい時にやってきます。

べてるの研究では「サトラレ」は「サトラセ」

(つまり他の人に気にされたいということ)

という結論に至っています。

だから「サトラレ」は人と繋がる自分の助け方でもあるわけです。


私も「サトラレ」はないものの、人と繋がることに困難を感じます。

でもそれを生きる苦労として受け入れ、「順調!」と言える毎日は

病気になる前よりも豊かな生活と考えています。


それにしても当事者研究って楽しいなー

ひだクリニック

当事者研究

大型新人現る!

ファーブラ
07 /14 2010
ヨイショの会の司会が今日から変わりました。

現在休職中のIさんです。


Iさんはまだデイケアに来て1か月程しか経っていませんが、

当事者研究、弱さの情報公開と才能を発揮しています。

研究テーマは「仕事アレルギー」

一番大きいアレルギー源は「上司からの駄目だし」だそうです。

今後研究が深まっていくのを楽しみにしています。

新人

ネイチャースクール? ワンダー!?

ファーブラ
07 /14 2010
今週の土曜日、17日は流しそうめんの会です。

ということで、

IMG_0169.jpg

その準備をしました。
さながらネイチャースクールな感じ。
K君は悪戦苦闘の中、作業の得意なS君がご指導をしてくれました。

本番に向けて、着々と準備が進んでいますよ~。

IMG_0170.jpg

つっちーのSST & 家族教室

ファーブラ
07 /10 2010
先日つっちーのSSTと家族教室が行われました。


この日のSSTの参加者はなんと20名以上!

新記録です。


つっちーのSSTは笑いが絶えません。

もはやこれは「名人芸」と言えるかもしれません(笑)

SSTを終えてのHさんの感想

「いつもと違って時間が過ぎるのが早かった。」

私たちもつっちーみたいにスキルアップしたいですね。



午後は家族教室

今回は家族の方にもたくさんご参加いただきました。

お話を聞いていて感じるのは、

・ 家族も本当に苦労しているということ

・ その苦労には共通点があること

・ 家族にもSSTが有効なこと

・ 家族にも仲間が必要だということ

などでしょうか。


今日も一日つっちーワールドで楽しい1日でした。

つっちー

勤め人の会

ファーブラ
07 /06 2010
今日の勤め人の会はHさんの研究発表です。

勤め人の会は「仕事を続けられる自分づくり」をテーマに始まりましたが、

主催者のHさんが仕事に来れないという事態になりました。

でもただでは転ばないのがファーブラの良いところ。

今回も「研究しよう!」ということになりました。



Hさんは人と比較してしまう癖があり、

強い劣等感から嫉妬心を感じてしまうそうです。

そんな辛い時にうまく自分を助けることができず

辛さを抱えこんでしまうというメカニズムが解明されました。


研究会では自分助けのさまざまなアイデアが出て

笑いにつつまれました。

Hさんも「弱さ」で繋がる経験ができたのではないかと思います。

勤め人の会


当事者研究会

ファーブラ
07 /05 2010
今日の当事者研究会は、メンバーKさんがテーマを提供してくれました。

ズバリ、『全力疾走 ‐ ブレーキをかけるタイミング』です。

Kさんはファーブラでの販売活動に大変熱心に取り組んでいます。

とても頼りになる真面目な男です。

でも、「このままでは、いつかガス欠になるのでは」という考えが頭をよぎることもあるみたいです。

今日の研究会では、周りのメンバーからたくさんの栄養をもらったので、

それを糧に今後も販売活動を頑張っていってほしいと思います。

でも疲れたら仲間に相談してくださいね。

IMG_0416.jpg

相談の達人

ファーブラ
07 /05 2010
相談の達人プロジェクトも始めてから3カ月程経ちます。

もともとKさんの職場復帰を支援するために始めたプログラムですが、

そのKさんもいよいよ職場復帰となりました。

はじめは苦労の丸投げをしていたKさんですが、

主体性を取り戻し、少しづつ回復しています。

自分の助け方の品揃えも、かなり豊富になりました。

でも復帰のプレッシャーは予想どおり襲ってきます。


そこでこんな会話を

「Kさん。職場復帰おめでとうございます。

でも病気は治ってないから安心してください。」

「そーですよね。治ってないんですよね。安心しました。」

緊張が緩みました。


職場復帰するとみんな「もう具合悪くなれない」とか勘違いをする人がいます。

ファーブラの職場復帰は「自分の弱さ」を克服するのではなく、

「自分の助け方」を磨くという方法です。

病気は克服するよりうまく付き合う。

そんな姿勢が本当の回復につながるような気がします。

相談の達人




7周年!!!

ファーブラ
07 /03 2010
本日は華蔵寺クリニック・デイケアファーブラ7周年記念会を行いました。

IMG_0142.jpg




花束とプレゼントを贈り、一言御言葉を頂きました。
ファーブラのみ~んなにとって、と~っても幸せな時でした。

ノープランの司会に笑いもありながら、みんなで祝うことが出来ました。

最後に全体写真をパシャっ!っと撮りました。

ファーブラ

群馬県伊勢崎市の心療内科・精神科 華蔵寺クリニックの精神科デイケアです。ファーブラとは、ラテン語で「物語」を意味しています。

華蔵寺クリニック ホームページ