FC2ブログ

当事者研究

ファーブラ
03 /07 2011
月曜の午後は当事者研究です。

今日はファーブラ利用歴の長いKさんと、若いS君が発表を担当してくれました。

まずKさんの発表。タイトルは「くどさの研究~安心して不安になる~」です。

Kさんは大きな苦労が目の前にあると、現実から目をそらすために“くどいストーリー”

を頭の中で作ってしまいます。

例えば、看護学校を受験し合否の不安から逃れるために、「本当に俺は看護の道に進みたいのか」

という考えを発生させてしまったりします。

さらに研究を進めていくと「不安になってはいけない」という呪縛にとらわれていること

も明らかになってきました。

IMG_0496.jpg



次いでS君。タイトルは「ガラスのハートの研究」です。

学生時代に引きこもりを経験したS君は自らを“逃亡のスペシャリスト”と称しています。

人と自分を比較してしまい、傷ついてしまいます。

それを避けるために
    ・自分を語らない
    ・困ったら笑ってごまかす
    ・あらかじめ自己評価を低く設定する

などの方法でガラスのハートをコーティングして守ってきました。

今後はコーティングを少しずつ剥がしていきたいと。

そのために“自分を主語にして仲間と話す”という姿勢を取り入れたいとS君は言います。

IMG_0499.jpg

ファーブラ

群馬県伊勢崎市の心療内科・精神科 華蔵寺クリニックの精神科デイケアです。ファーブラとは、ラテン語で「物語」を意味しています。

華蔵寺クリニック ホームページ