FC2ブログ

向谷地さんの当事者研究

ファーブラ
12 /18 2012
今日は向谷地さんの当事者研究でした。

IMG_2351.jpg

最初は先週行われた、東大の当事者研究グループ主催の当事者研究交流会の報告がありました。
向谷地さんはもちろん、ファーブラではピアリンクを代表してSさん、Nさん、Kさんが東大に行き、2日間参加しました。
Nさんがその報告をしてくれ、その後べてるのメルマガに記事化した、自身の研究発表もしてくれました。

IMG_2352.jpg

最近幻聴さんが来なくなったのは、幻聴さんを通して起きていた事の意味や見極めができ、「これか!」という気付きがあったためだそうです。
それで「やっと終わった」と感じたそうです。
その気付きに至るまでの長い時間とその苦しみと絶望を聞いていると、とても心に迫るものがありました。
実際、先生の初診では「よく君生きてたね」と労われたそうですが、そう言ってもらえて嬉しかったそうです。

たくさんのキーワードや貴重な研究成果が惜しみなく語られたのですが、ここにはとても書ききれず、残念です。
きっと同じ気持ちを感じた事のある人にとっては、すごく貴重な話と研究なので、とっっても書きたいのですが…残念です。
が、Nさん自身「人に言われてても認められなかったと思う」
「自分自身で考える」と言っていました。
興味のある方はNさんの記事を、メルマガで見てみてくださいね。

IMG_2355.jpg

次に「こびりつき」のテーマを出してくれたMさんは、長年抱えてきた苦労を「定型」という視点から研究を進めていきました。
こちらも内容の濃いもので、絶望・自分版「水害ごっこ」というNさんの研究のキーワードとの共通点もあり、
「~にもかかわらず、どう生きるのか」を考えていきました。

絶望の仕方、「定型」の広げ方、「定型」外のもつ可能性について等、興味深い意見も多く出ました。
「とてもいい絶望の仕方をしている」との言葉もあり、Mさんの研究からも沢山の事が学ぶ事ができました。
(やはり、ここに書ききれないので残念至極ですが、DVDには残っておりますので…)

そして、「分人」の研究の先生は、今日は都合により来る事が出来なかったそうなんですが、3/10のピアリンクの時に来て下さる予定だそうです。
ご興味のある方は是非、ピアリンクにお問い合わせしてみてくださいね。

年内はこれが最後の向谷地さんの当事者研究。

いつも本当に充実した研究をありがとうございます!

来年もよろしくお願いします!

ファーブラ

群馬県伊勢崎市の心療内科・精神科 華蔵寺クリニックの精神科デイケアです。ファーブラとは、ラテン語で「物語」を意味しています。

華蔵寺クリニック ホームページ